退職後に「傷病手当金」を受給する方法

私は会社員を辞める前後、不安障害というメンタル不調に苦しんでいました。

電車に乗れなくなっていたけれど、タクシー通勤で会社には出勤できていて、仕事も何とかできていました。
でも、いつも100%以上のエネルギーを使い果たしているような感覚で、すっかり疲弊していました。

ようやく自分の働き方について考えて、「会社員を辞めてフリーで生きて行こう」という決心がついたものの、気になるのはお金のこと。

そんな時に、FP(ファイナンシャルプランナー)の勉強をしたときに知った「傷病手当金」のことを思い出しました。

確か傷病手当金は休職していなくても、退職後からもらうことも可能だったはず!

FPの教材にはそのように書いてあったけれど、本当に退職した後から傷病手当金を受給することはできるのか?
インターネットで検索しても、他の人の体験談も少なく、とても不安でした。

結論としては、退職後に傷病手当金をもらうことができましたが、退職前からいくつかの準備が必要でした。

こちらのページでは、退職時に申請した傷病手当金が支給されるまでの長い道のりと、退職前に準備したこと、主治医や健康保険組合とのやり取りの記録、などの記事を紹介します。