革製品って副産物だけ?知らないほうが良かったかもしれない皮革の話

革製品は副産物か

こんにちは、先日誕生日プレゼントに革財布を買ってもらったまいご(@maigostfr)です。

みなさんの身の回りには、革製品はどのくらいありますか?

財布、かばん、靴、ベルト、レザージャケットに車の内装・・・

そして、そういった革製品を選ぶとき、「本革か合成皮革か」って気にしたりしませんか?
やっぱり本革の方がいいですかね?

長持ちするし、ホンモノ感あるし。
年季が入るほどに味が出るのも素敵だし。

しかし、ある時、今まで気にしてもいなかった疑問が湧いてしまいました。

まいご

革製品って、副産物なんだよね?

そう、いわゆる「本革」と言われているような革製品って、まさか皮革にされるためだけに殺されているわけではないですよね?という疑問です。

調べてみたら、いろいろと考え込んでしまいました。

この記事では、「革製品は副産物なのか?」という私の疑問とそれに対する調査結果、そこから自分なりに考えたことを書いていきます。

疑問:革製品は副産物なのか?

疑問を持ったきっかけ

先日あるテレビ番組で、「素敵なお財布をご紹介!」的な場面があって、それはそれは素敵なお財布が紹介されていたのですが、「最高級の〇〇の革を使って~~」という言葉に「あれ??」と引っ掛かってしまったんです。

脳裏によぎった毛皮の話

そして、冒頭の「革製品って副産物なんだよね?」という疑問に至ります。

平たく言うと、「革製品ってお肉にするために殺した動物の死骸から皮を剥ぎ取って作っているんですよね?」ということです。

というのも、最近見た動物関連の記事で、ラビットファーを生産するために生きたまま皮を剥ぎ取られたウサギたちが山積みにされている場面を見てしまったばかりだったからです。

まさか革製品も毛皮などと同じように、「革製品にするため」に残酷に殺されているんじゃないだろうね?というのが、私のふと湧いた疑問でした。

MEMO

このラビットファーの話はご存知の方も多いかもしれませんが、毛皮がどう作られるか知らない方はこちらもご参照ください。

参考 毛皮の作られ方、知っていますか? 「ファーフリー」という選択sippo(シッポ)

調べてわかったこと~「革製品」のためだけに殺されることがある

調べてみると、「そうであって欲しくなかった」状況を知ることになりました。

私が調べた範囲での話ですが、「革は食肉として消費される動物から得られる副産物です」と説明しているページも多くありました。

でも一方で「革を生産するために育てられ、殺されている」動物も存在していることを知りました。

インターネットも書籍もそうですが、それぞれの立場に基づいたことしか書いていないページが多いので、正直調べれば調べるほど、何が本当なのかわからなくなってきました。

なのでリンクは載せません。気になった方はぜひご自分でも調べてみてください。

日本では皮革にするためだけに動物を殺すことは許されていないそうです。
この情報も、自分で根拠を調べたかったのですが、根拠となる法律は見つけられませんでした・・・

しかし、多くを輸入に頼っている現在、「自分の持っている革製品」が本当に副産物なのか?という疑問への答えは、「よくわからない」としか言えないのではないでしょうか。

私が考えたこと

副産物かわからない革製品は買わないようにする

今回疑問に思って調べた後、本当に副産物なのかどうかがわからない革製品は、買う気になれなくなりました。

例えばよく高級なお財布などでアピールされる「カーフレザー」は生後6か月未満の仔牛の皮からできるものだそうです。
その場合、その仔牛はもともと食肉用に育てられ、食べられた仔牛から残った皮なのでしょうか?

「ベビーカーフ」という3か月未満の仔牛の皮もあるそうですが、そちらは?

もしも食肉用に育てられた仔牛なのだとしたら、「いただいた命を有効に使い切るんだ」と割り切れるような気もするのですが。
一方で、仔牛を食肉にする、ということ自体残酷だなぁと思ってしまったり。

動物の肉を食べるのに?

こういうことを言うと、もう一人の自分が「さんざん動物の肉食べてるのにね?」って言ってきます。

私は動物性たんぱく質が大好きで、肉も魚も好んで食べます。
当然、食肉用に育てられた動物の命をいただいていることも自覚しています。

たぶん、この食事は変えられないだろうなーと思っています。
なぜなら動物の命をいただくことは自分が生きていくために必要な栄養だと思っているからです。

それは、食肉になる牛を育てる畜産学校のドキュメンタリーを見ても、品川で牛が何頭も乗ったトラックが食肉工場に入っていくのを見ても、変わりませんでした。

最近はベジミートやフェイクミートなどと呼ばれる人工肉も話題になっているので、時とともに少しずつ考え方も変わってきて、人工肉でたんぱく質を補うことにも慣れてくるのかもしれません。

ただ、今の時点ではそこまで行動変容するのは難しいなと思いました。

命をいただいてまで必要かどうか

一方で、革製品の使用については「わざわざ動物の命をいただいてまで使うほどではない」というのが今回調べて至った考えです。

もちろん、副産物としての革であることがわかれば、逆にそれを喜んで使用するかもしれません。
でもその革が副産物なのか?がわからない状況では、それをわざわざ選ぶようなことはないだろうと思います。

おわりに~あなたはどう考えますか?

この記事では、ふと湧いた疑問から調べて自分なりに考えたことを書いてきました。

きっとこの記事を読んでくださった方は、同じように疑問に思って考えようとした方なのだと思います。

今まで書いてきた私の考えやこれからのスタンスについては、自分が今まで育ってきた環境や、何を好んで何を気にして生きているのか、などが大きく影響しているのだと思います。

最近では、「エシカルファッション」とか「エシカル消費」という言葉があるように、倫理的・道徳的であること、人や地球環境へ優しいことを重要視している企業も多いですし、有名人が自分の考えを発信しているケースもよく見かけますよね。

「動物愛護」や「環境保護」などを掲げると、先ほどの「肉をたべること」などのように、その考えの矛盾をついてみようとしたり、完璧じゃないことをやり玉に挙げて攻撃しようとする人がたまに見受けられますが、そういうことは自分に向けて自問自答して、自分なりの考えをまとめてみて、自分の行動に生かしていけるといいですよね。

余談ですが、この前買ってもらったばかりのgentenのお財布は、副産物としての皮を使っているようでした。

[ゲンテン] genten カットワーク 二つ折り財布 Lファスナー
created by Rinker

「革」の元となる「皮」は、食肉産業の副産物です。環境に配慮し、限りある資源を大切にするgentenの哲学に沿ったエシカルな素材です。(出典:ゲンテンホームページ)

いただいた命、大切に使っていきたいと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました!まいご(@maigostfr)でした。