ブックオフの宅配買取サービスがフリマユーザーにおすすめできない理由

ブックオフ宅配買取サービス利用体験談

こんにちは、メルカリでひたすら断捨離中のまいごです。

私はいまフリマアプリでいろんなものを処分しているのですが、書籍ってなかなか売れないんですよね・・・

小説だと定価が500円程度のものも多いから、手数料と送料引かれることを考えると、あまりお得な価格設定もできず。
専門書などの数千円する高い本に対しても、一度読んだだけでキレイなのにあんまり安く売るのはモッタイナイ!みたいな気持ちと闘ってしまいます。

そんな感じでなかなか売れない書籍たちをどうしようかと考えていたところ、【自宅で箱に詰めるだけ!】ブックオフのネット宅配買取サービスというものを見つけたので、ちょっと視点を変えてみようと試してみることにしました。

結論から言うと、フリマアプリに慣れているユーザーにはおすすめできないと思いました。

今回の記事では、ブックオフオンラインの宅配買取サービスを利用した体験談とどんな人にならおすすめできそうかを紹介したいと思います。

ブックオフ宅配買取サービスの概要と利用前の不安

ブックオフ宅配買取サービスの概要

“♪本を売るならブックオフ♪”でおなじみのブックオフが運営する宅配買取サービスです。

一言で言ってしまえば、
「着払いで集荷してもらって査定してもらい、買取金額が振り込まれる」
という、自宅にいながら買取してもらえるサービスです。

【ブックオフ】公式宅配買取サービス


ブックオフの宅配買取利用前の不安

そんなブックオフオンラインの宅配買取サービスですが、サービス概要を読んで感じた不安がいくつかありました。

利用前の不安

  • 買取価格が0円またはそれに近いくらい安そう
  • 査定に満足できない場合の返送料が着払い(=客負担)

1.買取価格が0円またはそれに近いくらい安そう

ブックオフ店頭で古本買取の経験がある方は記憶にあるかと思いますが、買取価格、とっても低くなかったですか?

値段が付かないものも多々あった記憶が、、、

私は最後に店頭買取にもっていったのが10年以上前なので最近の状況はわかりませんが、そんなイメージがあったので、査定価格はとても低いんだろうなぁ、という不安がありました。

なので、そんなこともあろうかと、送る本は少しにしておきました。

2.査定に満足できない場合の返送料が着払い(=客負担)

査定価格に納得いかない場合は返送してもらうことも可能ですが、返送料は我々が負担することになります。

なので、買取に出したはずなのに、お金が入ってくるどころかお金が出て行っちゃう、という悲しい結果が想像されます。

そんな不安を抱えつつ、申し込んでみた流れと結果をお話します。

ブックオフ宅配買取|査定の流れと査定結果

査定の流れ

ブックオフ宅配買取サービスの査定の流れはこんな感じです。

1.申し込み(会員登録と発送日指定)

まずは【ブックオフ】公式宅配買取サービスから会員登録後、集荷日時を指定します。
この時、値段がつかなかったものを返送してほしいか、など選べますのでお好みで選択。

f:id:mai_go:20180111154850p:plain:w700

その後、査定までに本人確認書類のアップロードも必要です。

2.発送

集荷日時までに、家にある適当な段ボールや紙袋に商品を梱包しておきます。

そして集荷に来た宅配業者さんに手渡すだけです。

3.到着連絡

査定センターに到着した旨のメールが届きます。

4.査定結果通知

時期によって査定にかかる日数が変わるようですが、私の場合は4日かかりました。

査定結果の通知メールが届きますので、メールからブックオフオンラインのマイページに移動して査定結果を確認します。

5.査定結果の承諾

最初の手順でおまかせコース(申込者の承認なしで査定価格を振込、値が付かないものは処分)を選んだ方は、買取金額が振り込まれるのを待つのみです。

それ以外の方は、この査定結果でOKか?値が付かなかったものは処分してもらうか?などを判断して連絡します。

6.返送してもらうものがあれば着払いで届くのを待つ

査定結果に納得がいかなかったり、値が付かなかったなどで返送を求める場合、返送を待ちます。

送料は着払い(我々が負担する)なので、配送料でいくら請求されるのかビクビクしながら待ちましょう。

査定結果

どきどきの査定結果がこちらです。

f:id:mai_go:20180111155125p:plain:w700

書籍2点しか送ってなかったっけ?と思いましたが、全部で7冊送っています。
よく見ると、「お値段が付かなかった商品」が5点あったそうです・・・

値段が付いた2つの内訳はというと・・・

『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』が5円。
20%増額買取キャンペーン中だったので6円になりました。

そのほか、新書1冊が1円(同じく20%増額キャンペーンで2円に。)

それ以外は値付かず。

うそ、、、だろ。。。

顔は笑っていますが、正直な感想としては「5円とかずるくないですか?」という気持ちでした。

というわけで、全て返却してもらうことにしました。

返送料はゆうパック着払い。
初めてだから少量にしておいたのが功を奏し、着払いの配送料負担は60サイズ740円となりました。

少なめにしておいて本当によかった!

ブックオフの宅配買取をおすすめできる人できない人

ここからは、ブックオフの宅配買取サービスを使ってみた私が、このサービスをどんな人にならおススメできるかお伝えします。

ブックオフの宅配買取サービスは、基本的には次のような人に価値のあるサービスだと思います。

こんな人におすすめ

  • フリマアプリでの売買に不慣れな人
  • フリマアプリでのやり取り、発送手配に煩わしさを感じている人
  • タダでいいから引き取ってもらってリサイクルしてほしい人
  • 今週中に処分したい!など急いでいる人

今回私が査定をお願いしたのは書籍なので、書籍に限った話にはなってしまいますが、よっぽどベストセラーでかつ希少価値が高いもの(絶版になったとか)でない限り、値段が付くことを期待するべきではないと思いました。

なにしろ、書籍7冊(どれも1000円以上の新書、しかも傷汚れなしの状態のもの)を査定して、2冊にしか値が付かなかったのですから。

ただ、私はフリマアプリでの売買に慣れてしまっていたので、買取価格に高い期待を抱いてしまっていた、というのも否めません。
私と同様に、メルカリ等のフリマアプリで書籍を売ることに慣れている人にとっては、なかなか許容できる結果(買取価格)を得ることは難しいと思うので、おすすめすることはできません。

一方で、フリマアプリでの売買に慣れていない人や、フリマアプリを通して知らない個人に本を売ることに煩わしさを感じる人には、ブックオフの宅配買取サービスは「箱に詰めて集荷を待つだけ」で済むのでとても簡単です。
さらに、最短翌日に集荷も可能なので、引っ越し間際で時間のない人、資源ごみの日を逃した人にとっても、手放すためのいい手段になるのではないでしょうか。

タイムイズマネーと考えられる人にはおすすめできるサービスだと思います!

【ブックオフ】公式宅配買取サービス【送料・手数料無料!】


おわりに

この記事では、ブックオフの宅配買取サービスを利用した体験談とどんな人におススメできるか、について紹介してきました。

今回査定結果5円(20%アップで6円)となった『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』ですが、返送してもらった後、値付けを見直してメルカリに再出品してみたんです。

当初700円と値を付けていたものを500円で再出品したら、なんと直後に売れたのです!

ブックオフで5円で買い取ってもらっていたら、その後店頭には1,000円近くで並べられるんでしょう。
そう考えると、出品者の私もうれしいし、購入者も安く手に入れられてきっと嬉しい。

500円で売れたので、手数料と送料引いて300円くらいは手元に残りますからね。

どう思います?

そんな手間かけて300円しか手元に残らないんだったら、タダでさっさと手放した方がいいな!

もしそんな風に思ったら、ブックオフの宅配買取サービスを使ってさっさと売ってしまいましょう!

【ブックオフ】公式宅配買取サービス【送料・手数料無料!】