ストレスフリー的海外旅行記@タイ・バンコク|東京から空港まで編

こんにちは、まいごです。
唐突ですが海外旅行に行ってきました。
行先は東南アジア。半ば東京からの逃亡といったところです。

  • 人混み嫌いで満員電車乗れないのに空港まで行けるのか?
  • 飛行機の密閉空間に耐えられるか?
  • 現地で結局引きこもらないか?

などなど、いろいろ不安は尽きないわけですが、せっかくの休養期間、東京にいるより快適な場所があるんじゃないかと思って、勇気を出して行ってきました。
約一週間の旅行でしたが、ストレスフリー的視点で記録しておきたいことがたくさんあったので、今日はその話を。

「ストレスフリー的視点」とは?なんで旅行が不安なの?

私はタバコのニオイがとても苦手で、そこから派生して悪臭や強いニオイに敏感になってしまい、電車に乗って通勤することができなくなってしまった、という経緯があります。

「不安障害」と診断されしばらくは普通のフリして仕事してきたものの、無理のない暮らしのために会社員人生を卒業。
現在は仕事を辞めて休養期間としていますが、近所の歩きたばこや電車のニオイは依然として苦手なままなので、人の多い時間に外出せず、電車もよっぽどのことがない限り使わない、という状況です。

そんなこんなで旅行に行くにも不安がよぎるわけですが、ちょっといつもと違う場所に身を置いてみたり、「旅行」という非日常な空間でなら辛さを軽減できたりするんじゃないかと思って、旅に出てみました。

空港まで行けるのか?|ストレスフリーな移動方法

スカイライナーは快適!

今回の旅は成田発だったので、成田空港までは京成スカイライナーをチョイスしました。
過去実績からスカイライナーは快適で早く、停車駅も少ないことから、高い確率で(私にとっての)安全が保証されていることがわかっています。

  • 満席になりにくい:大半が外国人観光客でまとまって席を取っているので、隣に人が来ることが少ない
  • 停車駅が少ない:上野、日暮里の次は空港なので、隣に誰か来るかドキドキしたり、停車による外からの喫煙臭が入り込みにくい
  • 車両やシートが快適:変な臭いがこもっていない

案の定、今回の移動でも、隣に誰も座らず、快適に空港に向かうことができました。

ラッキー

スカイライナー乗るまではタクシー!

スカイライナーに乗ってしまえば空港までは一直線。ではそこまでは?
満員電車や人混みが怖い私にとって、もうここはお金の使いどころです。

私の場合、スカイライナーの駅までタクシーで2000円ちょっとで行けるので、迷わずタクシーを選択です。

ここは安定の日本交通さんでしょ!

飛行機やホテルはスカイスキャナやトリバゴで最安値を選んだので、その分ここにお金をかけるようにしています。

関連記事
満員電車や人混みを避けて何とか仕事を続けるために使い始めたタクシー。
アプリのクーポン活用してストレスフリーに移動しています。
非公開: タクシー通勤で通勤ストレス回避!JapanTaxiアプリクーポン利用体験談

空港にて|搭乗までストレスフリーに過ごす

自動化ゲートバンザイ!!

さあ、空港に着きました。
ポイントはさっさと出国・保安検査を済ませて、制限区域内に入ってしまうことです。

出国審査は結構な列ができていましたが、そんな時に大活躍なのが、ガラガラの「自動化ゲート」。ご存知ですか?

出国審査の際には、日本国籍の方は「日本人」の表示がある列に並んで、税関職員にパスポートと搭乗券を見せて、カメラを見ろとか言われなんだかわからないけどチェックされて、ハンコ押されて、通過しますよね。

それが、「自動化ゲート」登録していると、無人のゲートでパスポートを読み込ませて、両手人差し指の指紋を読み込ませることで本人認証を行い、審査終了です。

登録している人自体が少ないようで、待ち時間は全くありません。
登録もその場でできるし、時間もかからないし、自動化ゲート担当の係員さんも面倒見てくれるので、次に海外へ行く機会があれば、ぜひ登録することをお勧めします!

もちろん、帰国時の入国審査の際も「自動化ゲート」を利用できるので、長蛇の列に並ばずに済みます。

これぞまさに、ストレスフリー

成田空港の「Narita sky lounge 和」が快適!

今回は成田空港第2ターミナルを利用したのですが、制限区域内にカードラウンジはありません。
なので、できるだけ人の少ない快適な場所を確保する必要があります。

今回は、TOTOのギャラリーを兼ねたトイレと、その周辺のエリアが人が少なかったので、そこで搭乗までの時間を過ごしました。
Japanese Culture | TOTOの体感型トイレ GALLERY TOTO | TOTO

清潔なトイレもさることながら、周辺の休憩スペースが充実していて、電源付きソファーブース(壁で仕切られていて、ビジネスクラスってこんな感じなんだろうなっていうイメージ)や、東京西川の「AiR」というマットレスを使ったソファ、畳のソファもあり、ラウンジの代わりと言っても引けをとらないような感じです。
無料スペースなので、混雑する時間帯もあるとは思いますが。

日本の空港は搭乗直前が鬼門

しかし、搭乗直前にストレスウーマン的事件発生。

搭乗ゲート周辺には等間隔的に喫煙所がありますよね。
離陸前の最後の一服ゾーン。
大事ですよね。

ただ、この喫煙所、排煙がしっかりできていないのか、外までヤニ臭いし、ドアが開くとダイレクトに煙を食らってしまい、ストレスウーマン的には非常にきつかったです。

成田空港さん、これなんとかならないですかね。
せめて二重ドアにしてそこで強力消臭するとか。

続きは次の記事で

こんなこと書いてたらだいぶ長くなってきたので、続きは次回へ。
飛行機での過ごし方と現地で感じたことを書いていきたいと思います。
ストレスフリー的海外旅行記@タイ・バンコク|飛行機搭乗~現地編