退職日までにやっておくべきこと

こんにちは、先日めでたく最終出社日を迎え有休消化中のまいごです。

この記事では、退職後に無職状態になる方に向けて、退職日までにやっておくべきことをリストアップして紹介していきます。

忙しい時期だと思うけど、忘れずにね!

会社員の肩書(安定収入の証拠)が重要なもの

クレジットカード作成

私はちゃんとしたゴールドカードを一枚持っておきたかったので、楽天プレミアムカード(JCB)を作成したのと、年会費無料の一般カード(VISA)を数枚作成しました。

私の今後の人生設計に大きく貢献してくれるカードを、と吟味したので、別記事で詳細書きますね。

ローン契約

私は持ち家派ではないので住宅購入はしませんでしたが、ローン契約は本当に肩書が重要です。
無職でローン組めるのかなあ。
組めたとしてもかなり不利な金利になってしまうと思います。

引っ越し(賃貸契約)

生活水準を下げるために引っ越す場合も、会社員の肩書があるうちに契約しましょう。

うちは同居人が働いているので急ぎではないですが、どのくらいまで生活水準を下げるか、どのくらいまでの不便(例えば駅から離れた場所など)を許容できるか、は考えておく必要があります。

会社の福利厚生でお得にできるもの

これらは任意継続被保険者として会社の健康保険組合に残る予定であれば、急がなくても良いかもしれません。

人間ドック/健康診断

受けれるものは受けておきましょう。
特定の年齢になると自治体から受診クーポンが届いたりしますが、普通に受けると超高いです。。

福利厚生ポイントの消化

会社の健康保険組合でカフェテリアポイントなど付与されている方は、忘れずに使い切りましょう。

私、数万円分残ってるので、なんとか使わねば。
うちのプランでは整体のチケットにも交換できるので、使い道がなければ整体チケットに交換かな。

会社提携の優待プログラムの利用

会社の取引先などで優待特典などありませんか?
例えば、
オンライン英会話の入学金免除!とか、
保険に安く加入できる!とか。。。

一度眺めてみることをおすすめします!

その他

退職日以降の各種手続の計画

すぐ転職される方は気にしなくていいのだと思いますが、ブランク空く方は忘れずに。

ざっとこんな項目が挙がってきます。
手続きに必要な書類を事前に集めておくと慌てずにすみますね!

退職日以降の手続き

  • 国民健康保険の切り替え(退職日から14日以内)
    or現在の健康保険組合への任意継続申請(退職日から20日以内)
  • ハローワークへ失業手当申請(会社から離職票が届き次第)
    or(傷病手当金申請する場合)受給延長申請
  • 健康保険組合へ傷病手当金申請
  • 厚生年金から国民年金への切り替え(退職日から14日以内)

おわりに

ギリギリで気づいたりすることもあるかもしれないので、増えたら随時更新します。

心配しいなので、これやらなきゃ、あれやらなきゃ、みたいなことが気になっちゃうんですよね。。
後になって、これやっとけばよかったーーーみたいな後悔はしたくない、というか。

この記事が、退職を控えた皆さんのお役にたてたらうれしいです。