メルカリ・フリルで遭遇した3つのトラブル体験談_出品者編

こんにちは、メルカリとフリルで絶賛断捨離中のまいごです。

そこで今回は、夢中になっているフリマアプリで遭遇したトラブルを、出品者/購入者双方の視点から2回に分けてご紹介したいと思います。

今回は出品者として遭遇したトラブル3選をご紹介しますね。

購入者編の記事はこちら

メルカリ・フリルで遭遇した3つのトラブル体験談_購入者編

トラブルその1:大幅な値下げ要求にイラッ!

トラブルの内容

私は値下げ交渉とかめんどくさいので、最初からギリギリまで下げた価格を設定していて、それをプロフィールでも公言しているのですが・・・

結構いるんです、値下げ要求してくる人。

自分が購入者の立場だったら、買う前にダメ元で聞いてみよう、という気持ちになることはよくわかるんで、それ自体は全然いいんですけどね。

たまに、例えば1900円で出品した商品に対して

購入希望です。1000円になりませんか?即決します

購入希望者

みたいな上から目線系のコメントを残す人がいます。

これはさすがにイラっとします。

そもそも、「即決」って言葉、買い手が使う言葉じゃないんじゃないのかなあ、と思うのです。

ヤフオク!の「即決価格」とかで慣れているんでしょうが、「値段は買い手が決めるのであーる」みたいな態度で出てくる人がいるのは、やはり老若男女いろんな人がいる環境だからこそですね。

トラブル対処法

こういうケースに遭遇した場合、私はこう返信することにしています。

コメントありがとうございます。すみませんが値引きは厳しいです。ご検討よろしくお願いいたします。
どんなに非礼な人でもとりあえずは返信。
ポイントは、「値引きができない旨だけ返信する」こと。
決して下のように相手に合わせてはいけません。

そのお値段は難しいです
などと返信してしまうと、次は大体こう来るから。

購入希望者

いくらなら値引きできますか?

めんどくさいことこの上ないです。

値下げができないことだけを伝えて、あきらめてもらうことが一番かと思います。
(もちろん、ちゃんと取引ができそうな相手であれば、歩み寄るという手もありますが。)

トラブルその2:商品が届かない!

2つ目は、発送方法にも注意が必要だったというトラブルです。

メルカリは、ヤマト運輸や日本郵便と連携し、匿名でお得に配送でき、追跡もできる「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」という発送方法を取り入れています。

フリルも、匿名配送ではありませんが、ヤマト運輸と組んだ「かんたんフリルパック」という追跡可能な発送方法を設けています。

それ以外の一般的な配送方法としては、レターパックやクリックポストなどがありますが、大体の場合は追跡が可能です。

しかし、出品者の気持ちとしては「1円でも安い配送方法を!」と考えてしまい、商品の重さや厚みを考慮して、普通郵便を選んでしまうことが多くなるように思います。
実際、他の人が出品している画面を見ると、普通郵便(定形外郵便)を選択しているケースがとても多いように思います。

しかし!!

私はこれからお話するトラブルに遭遇してから、普通郵便は極力使わないようにしようと心に決めました。

トラブルの内容

この時売れたのは化粧品。

購入してくださったのは、北海道・沖縄のような遠方の購入者さんでした。
郵便窓口で引受してもらってから4日たっても到着せず、購入者さんから「追跡番号などあれば教えてください」とのメッセージがきました。

しかし、普通郵便なので、追跡番号もなにもありません。

日本郵便に問い合わせると、「台風の影響で船便が2日間欠航していて、やっと昨日から再開した」とのこと。
オイル系の化粧品だったので、おそらく航空便に乗せられず、船便で運ばれ、運悪く、欠航中の荷物に含まれていたのでしょう。

結局購入者さんの手元に到着したのは、発送から11日後。

その間、日曜日や祝日も挟まっていたので、実際の稼働日数はもう少し少ないのですが、かなりの時間が経ってしまいました。

トラブル対処法

郵便事故で行方不明になっていたらどうしよう、、、
まさか購入者さんの「届いてないふり詐欺」じゃないよね??

いろんな不安がかけめぐりました。
たぶん購入者さんも同じ気持ちだったでしょう。

私は、「こいつちゃんと発送していないんじゃないか?」という疑念を持たれないように、

  • どこの郵便局で発送したか
  • 何月何日何時ごろ発送したか
  • 万一届かない時の取引キャンセル手続きと、その際の出品商品を取り戻しの手続き

を購入者さんへ詳しく連絡しました。

その甲斐もあり、最終的には購入者さんにも「安心して取引ができた」と評価してもらえました。
本当に、顔が見えないからこそ、普通のビジネス以上に丁寧・安心を心掛けたほうがいいな、と思った次第です。

とはいえ、こんな心配な取引は極力避けたいので、今後はよっぽど近隣の都道府県でない限り、普通郵便は使わないことにしよう!と心に決めました。

トラブルその3:購入されたのに支払がなされない!

支払方法として、売上金やクレジットカードの他、「ATM/コンビニ支払」も選択できるんですね。

たまに、ATM/コンビニ払いを選択する購入者さんがいらっしゃるのですが、大抵は購入者の方から「明日の午前中までに入金します」などと連絡をいただき、支払がなされたら商品を発送する、という流れになります。

一応、アプリのルールで支払期限が決められていて、それを過ぎると自動的に取引キャンセルとなるので、万一支払目途の連絡をくれない購入者さんの場合でも気長に待つのですが、、、

トラブルの内容

1度、支払がなされないまま自動キャンセルとなったケースがありました。

その購入者さんは、どうやら支払期限までに支払いせずに取引キャンセルになる常習犯だったらしく、そのような内容の悪い評価もいくつかついていたんですね。

支払期限までの間は、その商品は「売り切れ」状態になっているわけですから、他の購入希望者はあきらめるわけですし、出品者としてもその分売却機会が奪われます。
そういうことを想像できない人も中にはいるんだということを、出品者としては頭に入れておいたほうがいいですね。

トラブル対処法

これについては、どうしようもないかなあ、と思いますが、できることとしては、
「購入のお礼メッセージに混ぜる形で支払予定をこちらから聞く」
ことくらいかなぁと思います。

とにかく、ストレスをためないことが大事ですね。

終わりに

この記事では、メルカリ・フリル等のフリマアプリを出品者として利用している中で遭遇したトラブル3つをご紹介してきました。

個人と個人の取引になるので、相手の顔が見えない分不安やトラブルはつきものなのかもしれませんが、出品者としてはとにかく丁寧に細かく連絡し、信頼してもらうことが大切だと思います。

私の体験談が、フリマアプリ活用の参考になったら嬉しいです。