日本交通のアプリ「全国タクシー」と「MFクラウド経費」が連携!経費精算がグッと楽に!

こんにちは。タクシー大好きまいごです。
今日も日本交通のタクシー乗っていたら、後部座席のタブレットにこんな広告が。

(マネーフォワード社HPより:https://biz.moneyforward.com/expense/support/taxi_ad/
youtu.be

タクシーの経費精算がぐっと楽になるお知らせです。

「全国タクシー」アプリのデータが「MFクラウド経費」に自動連携!

何が楽になったかというと・・・

タイトルの通り、日本交通が運営する「全国タクシー」アプリを使ったタクシー代が、経費精算ソフト「MFクラウド経費」にデータ連携されるようになった、というものです。

マネーフォワード社のブログの方に、連携の経緯や詳細について記載されていました。
biz.moneyforward.com

かいつまんで説明すると、、、

経費精算ソフト「MFクラウド経費」を提供しているマネーフォワード社によると、経費精算で提出される紙面の領収書の3割が「タクシー代」であるとのこと。

その「タクシー代」って、精算するまで、こんなステップを踏みますね。
それぞれのステップで、こんなことに煩わされるのではないでしょうか。

①配車

  • タクシーが見つからない!
  • あの会社ちょっとマナー悪くて好きじゃないんだよね。。

②決済

  • このタクシー、現金しか使えないの?
  • 運転手さん、おつり、早く!

③領収書保管

  • レシートどこ行った?涙
④経費精算
レシート貼るのとかめんどくさいわー、早く帰りたいんだけど

で、マネーフォワード社をはじめとする経費会計ソフトベンダーは、この中の④経費精算の部分を便利にしようとしてくれていますよね。

そんな中、マネーフォワード社が目を付けたのが、①~③までを便利にしてくれている日本交通の「全国タクシー」アプリの存在です。

以前記事にしましたが、「全国タクシー」アプリを使うことで①~③を全てWeb上で済ませること(=データがWebに残る)ができます。

全国タクシーアプリでタクシー利用を快適に|クーポンコード割引&ネット決済でキャッシュレス!

システムに連携することができれば、①~④まですべてを一気通貫でできるっていうことです!

おわりに

「MFクラウド」って、低コストで会計・経理業務を効率化できることから、freee社と並んで中小規模の企業に人気ですよね。

個人事業主として稼いでいる方や、法人化するなどして会社を持っている方には、意外と嬉しい話だったりするのではないでしょうか?

私も今後、雇われない働き方を選択した時には、こうやって便利になっていくツールを使うのかな、と思うとワクワクします。