【シェアサイクル】ドコモバイクシェア利用前の不安|返却ポートが満車だったら?

ドコモバイクシェアのシェアサイクル利用体験談

ここまで数回にわたってご紹介してきました東京都内の自転車シェアリング(シェアサイクル)、「ドコモバイクシェア」。

この記事を書いている時点で既に5回ほど利用しました。(出勤時2回、帰宅時3回)

今回は、実際に使ってみる前に心配に思っていたことがいくつかあったので、それらの心配に対する答えとともに紹介していきたいと思います。

ドコモバイクシェアの仕組みや初めて使ってみた時の利用体験談は、「【シェアサイクル】ドコモバイクシェア利用体験談|通勤ストレス軽減の救世主かも!」をご覧くださいね。

ドコモバイクシェアのシェアサイクル利用体験談【シェアサイクル】ドコモバイクシェア利用体験談|通勤ストレス軽減の救世主かも!

ドコモバイクシェアを使う前に感じた疑問と乗ってわかったその答え

ドコモバイクシェアの自転車シェアリングを実際に利用する前に、サイクルポート(駐輪場)がどれだけあるのか、どんな流れで利用するのかなど予習していたのですが、説明を読んだだけではわからなかったことや、実際に使うにあたっての不安がいくつかありました。

利用前の疑問や不安

  • 返したい先のポートが満車だったらどうする?
  • 予約した自転車が故障していたらどうする?
  • 都内の道って自転車走りやすいように整備されてたっけ?

これらの疑問に対する答えは、こんな感じでした。

返したい先のポートが満車だったらどうする?

もし、到着先のポートが満車状態で返却できなかった場合、どうしたらいいのだろう?

別のポートを探す旅にでたり、空くまで待って延長料金払わないといけないの?という疑問がありました。

なぜなら、ドコモバイクシェアのアプリをみたところ、貸出予約機能はあったのですが、返却先ポートを指定して返却予約する機能はなさそうだったから。

そして、自転車はポート内の自転車止め(前輪差し込むアレ)にセットしないといけないと思ってたからです。

実は、ポート内には微弱な電波が流れているようで、ポート内で施錠&返却処理すると、自転車止めにセットされていなくてもちゃんと返却を認識してくれるようです。

ですので、万が一返却先のポートが自転車でいっぱいでも、何とかポート内に自転車を収めるようにして、返却処理を進めればOKです。

もちろん、自転車止めが空いていたらきちんとセットしましょうね!

予約した自転車が故障していたらどうするの?

もし、事前に貸し出し予約をして、その予約した自転車が故障していたら、どうしたらいいのだろう?

これが2点目の疑問でした。

実際に使ってみたところ、ポートに1台しか置いていない(しかも自分が予約した1台だけ)ということはなさそうなので、貸出時点で故障しているようであれば、同じポートに置いてある別の自転車を使えばよさそうです。

その1台しかない場合や、すでに貸し出し処理をした後の道中で故障してしまった場合には、自転車に記載されている連絡先に連絡する必要があります。

ただ、先ほど貸出のところでも書いた通り、その場で好きな自転車を選んで貸出処理できるので、事前にアプリで空き状況に余裕あることを確認できさえすれば、貸出予約は不要だと思いました(逆に面倒を生み出すような気がしました)。

都内の道って自転車走りやすいように整備されてたっけ?

最後は自転車シェアリングについてというより、自転車に乗ることについての不安になってしまうのですが、東京23区内の道って、坂道も多そうだし自転車にとって走りやすいのだろうか?という疑問です。

これについては微妙でした。

坂道、という点で言えば、ドコモバイクシェアの自転車は電動アシスト付きなので全く問題ありませんでした。
(下りの時はスピード出過ぎてちょっと怖いというのはありましたが。)

それよりも、自転車専用の道路が整備されていないことによる不便が大きいなというのが率直な感想です。

都内の大通りの一部は車道を走れるような雰囲気でもなく、歩道にガイド用の線引きをしているケースが多かったので割り切って走りやすかったのですが、一方で、車道脇に自転車用のガイドラインがあるケースでは、実際は停車車両が結構あり車道と歩道を行き来する必要がありました。

交差点に出るときに歩道に上がるべきか車道にいるべきか迷うケースが多々あり、事故のもとになりそうだなーと不安になってしまいました。

自転車専用道路の整備、東京も早く進んでほしいなと感じました。

おわりに

この記事では、ドコモバイクシェアのシェアサイクルを利用するにあたって疑問や心配に思っていたことをその答えとともに紹介してきました。

今までは自分で自転車を購入して、駐輪場を確保して、そして盗まれないように気を付けて、と自転車通勤するハードルは結構高かったように思います。

そこをクリアして移動の選択肢を広げてくれる仕組みがあることは本当にありがたいですよね。

シェアサイクル、すんなりと自分の生活に入ってきたな、という感じですが、きっとまだ始まったばかりの伸びしろあるサービス、いくつか「こうだったらいいのにな」ということも見えてきました。

せっかく気づいて考えてみたことなので、別の記事に残してみました。
ぜひあわせて読んでみてくださいね。
>>>【シェアサイクル】ドコモバイクシェア利用体験談|普及への課題と要望