【シェアサイクル】ドコモバイクシェア利用体験談|通勤ストレス軽減の救世主かも!

ドコモバイクシェアのシェアサイクル利用体験談

こんにちは、まいごです。

ずっと気になっていて会員登録まで済ましていた自転車シェアリング(シェアサイクル)サービスの「ドコモバイクシェア」、ようやく暖かくなり通勤に使ってみることにしました。

この記事では、東京都内で展開されている自転車シェアリング、ドコモバイクシェアを実際に利用してみた体験談と率直な感想を紹介したいと思います。

ドコモバイクシェアのサービス概要や会員登録の方法については「自転車シェアリング(ドコモバイクシェア)の仕組みと利用前の疑問」からご確認くださいね。

ドコモバイクシェアのシェアサイクル利用体験談【シェアサイクル】ドコモバイクシェアの仕組みと利用前の疑問

ドコモバイクシェア利用体験談

出発ポートで自転車貸し出し

自転車シェアリングサービスの「ドコモバイクシェア」。

実際に利用するためには、まずは自宅近くのポートを探しておきます。

この時、到着地となるポートも見つけておくことを忘れずに!

アプリでポート検索や空き台数の確認、貸出予約ができるので、あらかじめ近くのポートに空き自転車があることを確認してから向かいましょう。

もちろん、事前に予約しなくても空きさえあればその場で貸出ができます。
また、たまにですがバッテリー残量がなくなる寸前の自転車が置いてあったりもします。

なので、事前にアプリで空き台数確認してそれなりにありそうなら、事前に貸出予約せず、現地でキレイな自転車、かつ、バッテリー残量が充分な自転車を自分の目で選んだ方が良いと思います。

自転車のパネルに書かれたガイドに従って、会員証(おサイフケータイor交通系ICカード)をかざすと解錠されるので、緊張のスタート!

電動アシスト付き自転車で坂道もラクラク

最初はおっかなびっくりちんたら走ってましたが、

そうだ、これ電動アシスト付自転車だった!

ってことで左ハンドルの電源ボタンを押すと、、、

めちゃスピード出る!!

電動アシスト付自転車初体験の私としては、怖さ半分テクノロジーの進歩への感謝半分、といったところです。

我が家と会社は皇居を挟んで対極的な位置関係にあるので、途中で内堀通り(皇居ランナーが走るアノ道です)を通るようにしました。

歩道も広くて走りやすいし、その日は桜もキレイで気分良く走れました。

到着ポートで自転車返却|施錠+返却作業が必要

自転車では通りづらい道や入れない道もあったりして、ちょっと迷いましたが何とか無事到着。

会社周辺のポートに着いたら、自転車を施錠して、自転車のパネルに書かれたガイドに従って指定のボタンを押し、会員証をかざしたら返却完了です。

一時的に駐輪して引き続き利用するケースもあるので、パネルに「返却」と表示されたことを確認して会員証をタッチしましょう。

自転車に鍵をかけただけでは返却したことにはなりません。「返却」作業が終わったことを確認しましょう!

施錠時と、返却完了時に登録メールアドレスにメールが届きます。

私はここでまごついたけれど、ちゃんと返却完了メールが来たので安心しました。

ドコモバイクシェアを使ってみた感想と注意点

ここからは、ドコモバイクシェアを使ってみた感想と、シェアサイクルを使って都内を走行する際の注意点等を紹介します。

利用までの手続きが簡単!

まずとても便利だと思ったのが、利用手続き(会員登録も含めて)が簡単だということです。

会員登録はウェブ上で完結できるし、その際に決済用クレジットカード情報を登録するので、実際に利用する際もキャッシュレスで借りられます。

会員証も新たに発行するのではなく、すでに持っているおサイフケータイか交通系ICカードがそのまま使えます。

しかも初回利用時に貸出手続するの同時に会員証登録もできるから、実際に使うまでにやるべきことはウェブでの会員登録のみ。
何か(会員証が届くとか)を待つ必要はありません。

東京に旅行や出張で来た友人や観光客の方にもおすすめできるな、って思いました。

「簡単に使える」ことって、「安価に使える」ことと同じくらいかそれ以上の大きな価値だと思います。

ドコモバイクシェアで自転車借りて乗ってみたい!と思ったその日に実現できます。

自転車の走行ルールは要チェック

ドコモバイクシェアのページにも書いてあったのですが、自転車のルールは改めて確認しておいた方がいいです。

私も実際に読んでみたところ、恥ずかしながらルールを誤解していた部分がありました。

以下、ドコモバイクシェアのページから引用です。

自転車安全利用五則
1:自転車は、車道が原則、歩道は例外
2:車道は左側を通行(車道の右側通行禁止)
3:歩道は歩行者優先で、自転車は車道寄りを徐行
4:安全ルールを守る
→飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
→夜間はライトを点灯
→信号遵守と交差点での一時停止・安全確認
5:子どもはヘルメットを着用
子どもだけでなく大人の方もヘルメットを着用しましょう!詳しくは警視庁HPの自転車安全利用五則をご覧ください。

具体的には私、3番の「歩道は歩行者優先で、自転車は車道よりを徐行」を正しく理解できていなかったのです。

歩道を走るときは「車道寄り」を走るべし、なのですね。

私、歩道を走るときは車道に対して左側の歩道を走るものだと思っていたんです(車道の右側にある歩道を走ってはいけないと思っていた)。

なのでたまに車道右側の歩道をスピード出して我が物顔で走るチャリにイラっとしたりしていました。

歩道をスピード出して走るのはNGですが、車道右側の歩道を走るのはOKなのですね、、、また一つ勉強になりました。

読んどいてよかった!

とはいえ、実際に乗ってみた感想としては、基本的に車道を走るので、自然と車道左側の歩道に入ることが多いです。
それでも複雑な道になると車道右側の歩道も走れるのは大変ありがたいと感じました。(特に大通りって片側しか横断歩道がない交差点とかもありますし)

自転車は電動アシスト付き、慣れるまでは慎重に

ドコモバイクシェアの貸し出し自転車は、すべて電動アシスト付き自転車です。

電動アシスト付き自転車初体験の私は、最初ちょっと怖かったです。
電源ONした直後から助走なく普通にスピードが出ます(当たり前か)。

ひと漕ぎでびゅーん!と進んでしまうので、近くに歩行者、車がいるときは本当に注意です。

たまに信じられないスピードでママチャリ漕いでる人を見かけるけど、こういうことだったのね。。。

走りやすいルート選び、重要です

先ほど「利用までの手続きが簡単!すぐに使えるよ!」と言ったそばからアレなのですが、安全なツーリング(サイクリング?なんて言うのが適切なんだろう?)のためにはルート選びが重要だと感じました。

本当は、「自転車ナビマークのある車道を走ろう!」と言いたいとこなのですが、車道に自転車用の線が付いていても駐停車してる車が多いため、それを避けて車道の真ん中に食い込んだり歩道に乗り入れたりと、なかなか危険で注意力も要するな、と感じました。

現状では、広い歩道の車道よりを走って(もちろん歩行者優先なのでスピードは抑えて)、あまりに歩行者が多い時は車道を走る、というイメージでルートを決めた方が初心者には安全かなと思います。

おわりに

この記事では、ドコモバイクシェアを実際に利用してみた体験談と、使ってみた感想や注意点について紹介してきました。

今回、初めて会社へ自転車で行ってみたのですが、ルート迷ったりして30分をちょっと超えるくらいの時間がかかりました。

レンタル料金は片道250円。
まあ、バスに乗るのと同じくらいですね。

毎日自転車で通勤するのは体力的にちょっと辛いけど、心地よい疲れを感じられて、バスや電車でじっと揺られているよりもココロの健康にはいいんじゃないかと思いました。

いろいろ要望はあるけど、リピートは確定です!

このドコモバイクシェアのサービスを知ってから実際に使ってみるまでの間に疑問に思っていたことがあったのですが、それも解消されたので別の記事で紹介しています。
そちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

>>>【シェアサイクル】ドコモバイクシェア利用前の不安|返却ポートが満車だったら?

この記事が、ドコモバイクシェアを使ってみようかなという方の参考になればうれしいです。